介護領域のDX (デジタルトランスフォーメーション)に挑む、株式会社みーつけあが累計2.4億円の資金調達を発表

介護×DX(デジタルトランスフォーメーション)に挑む、株式会社みーつけあ(所在地:東京都中央区、代表取締役:洞 汐音(ほら しおん)、以下:みーつけあ)は累計2.4億円の資金調達を発表いたします。今回ラウンドの出資者はジェネシア・ベンチャーズ、グリーベンチャーズ、日本スタートアップ支援協会、Persol Innovation Fund、エンジェル投資家複数名です。既存株主はEast Ventures, ジェネシア・ベンチャーズ、YJキャピタル、メルカリファンド、中川 綾太郎氏、佐藤 裕介氏です。

日本の介護業界の現状について

高齢化社会がますます加速する日本において、介護は誰もが一度は直面する、人生で最も大きな問題の一つとなっています。しかしながら、介護業界の複雑さについては、身近に介護にする人や、される人など、関係者がいない場合には、未知の領域であり、容易に理解できるものではありません。介護保険申請方法から事業所やヘルパー選び、今までに聞いた事のない専門用語が突如として、介護利用者や家族へ降りかかります。現状では行政(市区町村役場等)から紙の申請・冊子や地域の口コミなどで情報が限られている上、望んでいる介護にたどり着くには困難を感じている方々が多数存在しています。介護利用者数は増加し続けるにも関わらず、もう目を反らせない程に介護ヘルパーが不足している、ということが日本社会の現状です。

株式会社みーつけあ について

みーつけあ は、2016年にアメリカ出身の代表洞が大学時代に当社の前身となる、株式会社BayCareを設立、訪問介護事業所を運営しながら「全ての介護をかんたんに」をめざし、介護業界のIT化DX(デジタルトランスフォーメーション)を推進してきました。当時ヘルパーと利用者の直接マッチングで効率化を目指すプラットフォームを開発していました。代表自ら介護資格を取得し、より現場を理解するため、訪問介護に励んでいました。事業所運営とヘルパー業を行う上で、介護保険制度がある日本介護のDXに不可欠なのはヘルパーと利用者だけではなく介護に関わる全ての人々にリーチすべきであると決意しました。

2019年、「介護に関わる全ての人々を繋ぐ」というコンセプトを反映し、meets(会う)+care(ケア)と「みーつけた」を由来とした「株式会社みーつけあ」へと社名を変更。「Best care and Smile」の実現をミッションとし、要介護者とその家族からの介護相談、事業所・施設紹介を主力事業として行ってまいりました。事業サイトでは全国の事業所のデータベースを掲載、グラフやレビューで地域毎に該当する事業所選びを支援しています。

「みーつけあ」は、「介護に関わる全ての人々が豊富な情報を元により良い介護が実現できる」、そんのような新しい介護のセカイの実現を目指しています。

みーつけあ事業内容について

①介護相談・事業所/施設紹介
介護の資格者が常に常駐していてLINE,メール,電話等複数の手段で介護に関わる相談を無料(2020年10月現在)で受けています。相談者のニーズに応じてみーつけあパートナーから該当する事業所・施設に利用者を紹介します。

②みーつけあWorkers(2020年開始)
仕事を探しているヘルパーとヘルパーを募集している介護事業所をマッチングするサービスです。

みーつけあポータル・コンテンツサイト
上記2つの事業を支えるのが事業所情報が集まったポータルサイトです。利用者やヘルパーは事業所の情報やレビューを確認する事で理解度が高くお問い合わせがしやすくなります。コンテンツサイトでは問い合わせや集客に関してSEO向上の為常に新しい情報を追加しています。

TOP

資金用途とこれからの展開について

2020年4月には介護ヘルパーの人材不足解消および・収入増拡大を目的としたマッチングサービス、『みーつけあWorkers』をリリースし、150以上の法人、300以上の事業所からお申し込みをいただき、すでに1000名以上のヘルパー様から紹介のお申し込みをいただいております。

また、同2020年7月には、介護相談事業・事業所、施設紹介事業の拡大を行うため、ベネフィット・ワン様との業務提携も発表、企業の福利厚生として介護相談や施設紹介のサービスを受けられる取り組みを開始しております。

ところがまだ紹介できる事業所数が少ない為今回の資金調達を踏まえ事業所開拓のマーケティングに注力したいです。事業所が増えれば利用者やヘルパーも選べる数が増えてマッチングがしやすくなります。

当社CEO洞 汐音のみーつけあへの思い、介護業界への想い

“現在日本では超高齢化社会問題が最も重視されている課題の一つです。18歳の頃ロスアンゼルスから日本に来た際に、自身の祖父、祖母の状態やニュース等で常に報道されるヘルパー不足問題に直面し、学生時代より社会起業家を目指す中で、どうにか解決方法は無いかと悩んだ末、早稲田大学を休学しました。訪問介護事業所を設立後、ヘルパー資格を取得し実際に介護現場を体験しました。そこには思い掛けない問題が様々とありましたが現場経験ならではの解決法も見出し始めました。

海外事例や他のスタートアップ事業を参考に様々な視点から考案する事が出来、海外では既にマッチングサイトがあるのになぜ日本にはまだ無いのか疑問もありました。日本独自の介護保険制度を活用しながらいかに共存し事業を展開できるか常に考えています。

介護事業所、ヘルパー、介護利用者それぞれの視点に合わせたニーズを的確に捉え、現状の介護保険制度に伴い、より効率よく誰もがSmileであふれるような仕組みを思い付きました。みーつけあはこれから介護に関わる全ての人々に必要な情報やサービスを提供し、より良い日本社会を構築しようと想います。“

追記:

みーつけあはご利用者様(ご家族様)、ヘルパー、事業所の3者間をマッチングするプラットフォームです。介護業界のDXの実現に向けて介護業界向けにサービス提供をする事業会社の方々と幅広く連携していきたいと考えております。ご関心のある事業会社の方々は是非ご連絡ください。お待ちしております。

CONTACT


タイトルとURLをコピーしました